koko kashiko

そしてピーターパンは父になる





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
hen gap lai ホーチミン
そして帰ってきたホーチミン。
が、ドラゴンの様子が相変わらずで・・・ついに病院へ!!

ベトナムの病院デビュー!!

5区にあるCHORAY病院。タクシー運転手の勧めでエマージェンシールームへ。

だだっ広い部屋に30台くらいベッドが並んでいて、
7人くらいの医師があっちいったりこっちいったり。一言で言えばカオス。

エマージェンシールームだけあって、結構早く見てもらえたけど
点滴をすることになったので暇になった私とPPは外で待つことに。

オープンエアの中庭には結構人がたくさんいる。患者の家族なのか寝てる人もいる。
人だけじゃなくてゴキブリだったりネズミだったりも走り放題。

そんな、ホーチミン最後の夜。


次の日はドラゴンを送り出した後、ショッピングへ。
まずはお母さんのためにヤッホイを買いに5区の市場へ。

その前に甘いものでも。チェーブレーク。ここのはフルーツたっぷりでおいしい。
思うんだけど、チェーって台湾スイーツに似てない?


結局、最初にいった巨大市場にはなさそう、ということで隣の市場へ。
この辺は卸売りをしてる店が多いみたいで、なんでも大量にホールセールしてる。

かわいいおもちゃ屋さん。


お母さんのお土産だけじゃなくて、果物も大量に買ってきた。
ライチ、梨、スターフルーツ。。。

最後の最後の甘い時間を過ごした後、タクシーでまたしてもレモングラスへ!
2人ともあんまりいいレストラン知らないんです。
また春巻きやhot potを食べてお腹いっぱいになってから空港へ。

国際空港はすごくきれいなのに国内線の方はそうでもないのね。ギャップが面白い。
空港では恒例となったライチタイム。PPがライチを口で食べさせてくれる。
今回はさすがに泣かなかったよ。だって後3日で会えるから。日本でね。

これで2回目のベトナム旅行は終了!

今回は旅行としてはいまいちだったけど、逆に私にとって何が大切なのか、
何があれば他はどうでもいいのか、っていうのがはっきりしたと思う。

PPとドラゴンと一緒に楽しむために来た旅行。
場所はどこでも、楽しめればいいのです。そこが重要。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
ミトーブレーク
ビーチは全然足りないけどそろそろ帰りますか、ということで
Ha Tienからホーチミンに近いMy Thoに移動。

メコン川沿いの街で雰囲気はカントーと似ているけど、カントーより好き。
おしゃれな髪型の男の子が多い。ファッションセンスも結構いい。
そしてスイーツIQが高い。プリンやら何やら他の田舎町とはちょっと違う。

ホテルの部屋は6階。なかなかの眺め。


夕食の後、PPと川沿いを散歩。久しぶりの散歩は楽しい。
中学生くらいの男女4人が何をするでもなく歩いてた。
手もつないでなかったけど、ベトナムではあれもデートのうちに入るらしい。可愛い。


次の日の朝、ゆるゆると起きる。
PPは「悪い夢を見た。なんでか分からないけど、こっちゃんとケンカした。
それで、こっちゃんが「もういらない」って指輪を返した」
って。
「すごく怖かったけど、起きたら夢だって分かって嬉しくて、
私をギュッとしてキスした」
って。(←私は寝てて気が付かなかった)
ふーん。私が指輪を返すなんて想像できないけどねー。

ブランチはちょっと高めのレストランにて。メコン川が見えるベトナム&中華料理屋。
そしてステキなカフェでコーヒーブレーク。


以上、ミトーでした。

こうやって書いてみるとここでは何も観光しなかったのねー。
ま、休憩に寄っただけだから。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
ベトナム風デート
結局、Rach Giaにいてもしょうがないということで、Ha Tienに移動。

Ha Tienはカンボジアとの国境にある港町。
計画都市なのかな?そんなに人いないのにどこも建設ラッシュ。ホテル多すぎ。

ここでは朝からバイクを借りて観光へ。
ちゅうちゃんと2人乗りだよ。まさにベトナム風デート(+ドラゴン)!!

知らない人のために解説すると、ベトナムで典型的なデートというと
バイクに2人乗りしてドライブした後、公園や空き地にバイクを止めて
バイクの上でいちゃいちゃする
というものなのです。

まずは洞窟。なんてことないところだけど、眺めはすてきだった。


そしてビーチ。あんまりキレイじゃないし泳ぐ気はしなくてずっと浜辺にいた。
本を読んだり昼寝をしたり。ちょっと飽きたら浜辺を歩いて貝を拾ったり。


海沿いのドライブは気持ちよかったー。


PPには最初ダメって言われたけど、私も運転してみた。日本ならありえないねーー。
でもあれは結構いける!楽しかったー。初無免バイク in ベトナム!


Ha Tienの町にはなぜかバナナ屋が多い。。。こんなのが並んで5軒くらいある。

この町にはここでしか飲めないココナッツジュースがあるということで
飲んでみたんだけど・・・・マズイ。すっぱくて青い味がするんだよね。
なので私はソイミルクばっかり飲んでたねー。。。冬瓜のジュースも人気みたいだった。

スリーピータウンといった感じののんびりしたところだった。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
そして第二の悲劇
朝になってもドラゴンの様子は変わらず。

常にトイレの近くにいなきゃいけないから、ほとんど部屋からも出れない。
PPと朝ごはん、水、薬を買いに行って、ついでにフーコック行きのボートを
キャンセルしようとすると。。。

すでにキャンセルになっていた。

なんと台風のせいで今日は全便キャンセルらしい。
さらに明日も運行するか分からない・・・!!Σ(・ω・;|||

慌ててフーコックの天気を調べてみると。。。


フーコックの天気
今日:嵐雷 明日:嵐雷 明後日:嵐雷 。。。

今後5日間:ずっと嵐! ( ̄□ ̄;)


この時点で未練タラタラながらフーコック行きは諦める。。。(TωT)

といってもオプションBなんてないし、突然暇になって、
どうしていいのかわからずにRach Giaの街をうろうろ。
マンゴー、ライチ、ぶどう、さくらんぼなどなど果物を大人買いしてみたり、
さとうきびジュース屋さんをはしごして氷抜きのジュースをオーダーメイドしたり。



マーケットにて。
赤ちゃんをあやしながら焼きバナナを売るママ。
ハンモックの先にヒモがついてて揺らせるようになってるの!


帰ってもドラゴンの調子があまり変わらないのでずーっと部屋でウィンブルドン観賞。
そのまま昼寝をして、起きたら夕食。

ドラゴンのために少しはましなレストランに行きたかったけど
この辺にそんなものはない。ってことでまた街の食堂へ。

私はドラゴンの状況にも関わらず海老、カニ、うなぎとシーフードずくし。
だってここって港町。シーフードおいしそうだから!



帰ってきてまた果物を食べて、ウィンブルドンを見て。

ってそんな、がーっかりな日。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
第一の悲劇
フーコック島に渡るボートが出てる港町、Rach Giaに到着。

何もない街。なぜか薬局が多い。バス停前のホテルはなかなか豪華。

夕食はフランスパンとカタツムリのシチュー。
初めての味!すごくおいしかったーー!が、のちのちこれが悲劇を引き起こす。

おいしかったけど、疲れてたし生理前だったからかちょっとイライラしていた私。
いつもはほとんどないんだけどねーあの時はちょっと機嫌悪かった。

それがPPにも伝わって、心配したPPはデザートデートを決行することに!
ということで、オシャレしてバーに行く。

そこで街の人にプリンセスと言われてごきげんになる。(←単純)
PPはフルーツプレートをオーダーして、一つずつ手や口で食べさせてくれた。
スイカ、梨、ポメロ、ブドウ。好きなものばっかり!
それでまたごきげんになる。(←やっぱり単純)

ちゅうちゃんは本当にいい彼氏。私を幸せにしようといつもがんばってくれる。
疲れててもスイカを探してきてくれるし、裸で猿の真似までしてくれる。
いつもいつも「こっちゃんが好き!」って言ってくれて、私はこれ以上望めないよ。

で、部屋に戻ると、もう悲劇は始まっていた。

真っ青な顔のドラゴンが「気持ち悪い・・・・・」と。

ドラゴンが食中毒になりました。

とりあえず次の日のフーコック行きの船はキャンセル。様子をみることに。。。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
メコン川クルーズ 2
次の日、またしてもメコン川クルーズへ。
朝6時くらいの出発で、途中から3人とも爆睡。

定番、水上マーケット。

水上マーケットにいたかわいい女の子。


猿橋。というらしい。丸太一本の橋。気分が乗ってきて水上歌合戦へ。
PPと私は一緒にスピッツのチェリーを歌った。


ライスペーパーファクトリー。って何だったんだろ。。


フルーツガーデンで赤いパイナップルと、紫のパイナップルと。。。


ジャックフルーツを買って食べたら手がベタベタになって大変だった!
水で洗っても取れない!米のとぎ汁につけると取れるらしいけど、そんなものはないし。


川沿いの家はけっこうな豪邸が多くてびっくり。こんな田舎なのに発展してるよ!
子供たちはみんな私たちのボートを見ると手を振ってくれる。超かわいい。

帰りにボートが壊れて運転手のおばさんは大変そうだったけど、
修理場に持っていってなんとか直った。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
メコン川サンセットクルーズ@カントー
ベトナム3日目。

メコンデルタにある街、カントーにバスで移動。バス停からホテルまで初セオム!
ドラゴンは歩くと言って歩いてきたけど。

ホテルは広くてステキな部屋301号室。


夕方5時半からメコン川サンセットクルーズ。

こんな船で。この写真に写ってるのは私達じゃありません!念のため。
頼んだらボートを漕がしてくれたー。

メコン川でのサンセット。


この後ホタルを見に行った。1つの木にいーっぱいいてすごくキレイ!
日本と種類違うのかな?ちょっと光り方が違う気もしたけど。

それから派手にライトアップされた船でディナークルーズへ。
人がいっぱいいて誰かの結婚式みたいだった。料理は海老とかカエルとか美味ー。
ステージがあって歌手が交代で歌うのはうるさかったけどそれ以外は満足!

まだ帰るのは早かったから川岸のベンチでおしゃべり。
ドラゴンはまた好きな人ができたらしい。今度はブルガリア人です!
恋に恋する年頃なのねー。付き合えるなら40万円出すそうです。
ほら、ドラゴンのモットーは何でもお金に換算できる、だから。
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
PP母へのお土産騒動
ベトナム2日目。

ホーチミンは2回目だから今さらがんばって観光しようという気にもならず、
ベンタイン市場にぶらぶらと散歩がてら行ってみることにする。
が、反対向きに歩いてCho lonまで行ってしまう。
途中でドリアン食べたり、雨宿りしたり、サワーソープジュース飲んだり、
それはそれで楽しかったけど。

タクシーでベンタイン市場まで戻って、そこで騒動勃発。
原因は「PP母へのお土産」

これは旅行前からずっとモヤモヤしていたことで、
PPに会ったらはっきりさせようと思ってたんだ。

旅行前に、PP母に日本の化粧品を買ってきて欲しいと言われた。
化粧品ってそんなに安くないんだよね。全部で1万円以上かかった。
最初の話では代金はPP母が払うって話だったのね。

でも日本的に考えると彼氏の母からお金はもらいにくい。だからちょっと迷ってた。
払うって言うのは本気なのかな?それともそう言ってるだけで払って欲しいのかな?
もうプレゼントにしちゃおうかな、でもこれが毎回になったら困るな、と。

ベトナムに行ってPPと直接話して決めよう、そう思ってた。

でもね、旅行直前にPPとskypeしてて、その日はPP母の誕生日だから
「おめでとうって言って」って頼まれたのね。
私は言われたとおりのベトナム語をまるまる暗記して意味も分からず言ったんだけど
それに「頼まれた化粧品買いました」ってのも含まれてたみたいなんだな。

そこでPP母に「いくらだった?」って聞かれて「・・・円です」って言える?
誕生日おめでとう!って言った後だよ?だから「プレゼントです」って答えた。
もともとプレゼントでもいいやという気持ちがなかったわけではないけど、
なんか言わされたみたいでしっくりこないよね。

そのことでPPを責めたのです。

「プレゼントでもいいとは思ってたけど、それは私が決めることで、
 あれじゃ無理やり言わされたみたいで嫌だった!」


「僕はもともとお母さんが代金を払うって言ってたじゃん!
 払って欲しいならプレゼントって言わなくてよかったんだよ!」


「払うって言っても本当に払うつもりがあるのか分からない。
 日本人なら払う気がない時でも礼儀で払うって言う!」


「ベトナム人はそんな面倒くさいことしないよ。お金のことに関してはストレート!」

「私はそんなベトナム文化知らない!そういう文化を教えるのはあなたの責任でしょ!
 私はあなた以外にベトナム文化に触れる機会はないんだから!!!」


「僕だってそんなややこしい日本文化知らないよ!」

「私は前に教えたし、今回も言った。でもあなた聞いてなかったでしょ!」
(↑旅行前に話そうとしたのに流されたのね)

ベンタイン市場では何も買わず、というかほとんど見もせずに
ぐるぐる周りながらずーっとこんな調子で言い争ってた。
で、歩きつかれて、最終的にチェー(デザート)のお店で結論をだしたのです。

私たちは2人の時は何でもストレートに言いたいことを言えるけど、
親が関わってくるとややこしくなる。お互いの文化についても完全に理解してない。
だから、

親が関わる時はいつも以上に全てをはっきりさせなきゃいけない

以上、lesson learned *the hard way*ですよ。まぁそこまでhardでもないか。。。
今回のことについては私が払うと言ったのだし、払うことにした。
でもPPも私のお母さんに小さなものでいいからお土産を持ってくる、と。

その後、PPがリサーチして見つけた(!)レストラン、レモングラスに夕食に行って
お腹一杯で幸せになって、ぶらぶらと夜のホーチミンを歩いてホテルに戻って、
日本から持ってきたコンドームもやっと役立って、就寝。












1区にあるレストラン、レモングラス。お客は欧米人ばかり












街中にあるコンドームの看板
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |
久しぶりのホーチミン
2年ぶりのホーチミン。

飛行機の中では久しぶりのPPとの再会が楽しみでしかたなかったけど、
ホーチミンの街の明かりが見え始めて(ハノイと違ってちゃんと夜景があるの!)
もうすぐ着陸という時になって、変な不安が。

遠距離の4ヶ月の間にPPが変わっていたらどうしよう。PPが実は私が思っていたような人じゃなかったらどうしよう。今はPPが好きすぎていいところしか見えてないけど、実はすごく嫌な奴だったらどうしよう。。。

と訳の分からない不安が次から次へと。なんなんだろうね。情緒不安定。

空港ではPPが待っててくれた。今回も最初に見つけたのは私だった。
空港からのタクシーの中でもまだちょっと不安だったけど、
Pham Ngu Lao通りのホテルに荷物を置いて、ゴーゴーゴーってクラブ?の前で
軽い夕食&ポメロとマンゴーのデザートを食べるころには忘れてた。
そしてこの旅行中にその不安を思い出すことはもうなかった。

その日は長旅で疲れてたからシャワーを浴びてそのまま就寝。
久しぶりにPPの隣で眠れるのは幸せだったなー。












ホテルの窓からの景色
| 世界中で恋する旅行記 (ベトナム) | comments(0) |


INTRODUCTION
心配性な私と楽観的な彼の初めてのマタニティーライフ in アメリカ

★初めての方はこちらもどうぞ...



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ
にほんブログ村

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
FAVORITE LINKS
SPECIAL THANKS
Ranking
SEARCH
OTHERS
SPONSORS