koko kashiko

そしてピーターパンは父になる





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
好きと嫌いと

好き嫌いはしちゃいけないと言われたけど、少しくらい好きや嫌いがないと人生前に進まないよ。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
結婚します&研究者も目指します。

結婚します。

今さら感は否めませんが、親に報告が終わったということで、
ここでもちゃんと報告を。

久しぶりにこのブログのアクセスログを見てみたら、
まだ「ベトナムから来たピーターパン」で検索してここに来てくれてる人がいるみたいで。

PPと付き合い始めて3ヵ月の時から始めたこのブログ。
今月で書き始めて5年です。

いまだに出会いのストーリーが完結していなかったり、
途中で半年以上休んだり、
恋愛ブログだったのに会社の愚痴ブログになったり大学院目指すブログになったり、
なんだかんだといろいろありましたが、
ずっと私のブログを読んでくれていたみなさん、今まで本当にありがとうございました。

大切なことなのでもう一度言わせてもらうと、

結婚します。決定です。

正式には婚約してないんだけどね。プロポーズでもめてるから。
親には「今は婚約してるとかしてないとかいう定義の外にいる」と言ってあります。

でも気持ちは決定。重要なのはそこでしょ?

わたしもいろいろ考えた。

PPは確かに結婚について考えが甘いと思う。
でもね、結婚する時点で完全に準備ができてるカップルなんてそんなにいないと思う。
大切なのは、お互いのことが好きでこれから一緒にやっていこうと思えるかってこと。
特にPPは見切り発車で出来ちゃう人なのです。
「ちゃんとは考えてないけど、こっちゃんのことが好き」
これでいいと思った。結婚できると思った。

今読み返したら、付き合って3ヵ月のブログに似たような事が書いてあった。
成長してないわーー。

まぁいいや。

あと、プロポーズはもう一度やってもらうけどね。憧れるから。

それから、研究者もやっぱり目指します。
この一ヶ月でいろんな案が出た。

教授、ポスドク&非常勤講師、テクニシャン、産業カウンセラー、
ニューロマーケ、バイオフィードバックテクニシャン、
ホテルマネージメント、ツアーガイド、翻訳業、弁理士、専業主婦。。。

それに伴い進学先も、大学院の博士、修士 in アメリカ、修士 in イギリス、
学部卒業後働く、から、この夏で日本に帰る、まで。

研究者を目指してみようと思う。出来るところまで。
ダメだったら専業主婦になるよ。それでもいい。
安全に職探しするより、やりたいことをやった方が自分らしいと思う。

これは5年前から意見が変わったところだね。

ということで、、、

この1ヵ月悶々とした日々を過ごしてきましたが、
この線で行ってみたいと思います。

ブログは続けます。が、またしばらく英語になります。
来月GREなので。

ではでは皆さま、これからもどうぞよろしくお願いします!

| 結婚するとかしないとか | comments(5) |
親にあいさつ

親に結婚の報告終了なり。

スカイプでPPが「こっちゃんと結婚させてくれますか?」と聞くという
かなりカジュアルな報告だったけど、無問題。
(お父さんはちょっと文句言ってたけど、ね)

2人とも賛成してくれました。パチパチ

反対されるとは思ってなかったけど、反対されても説得する自信はあったよ。

先週までPPがここに来てたの。

先月、プロポーズでもめたじゃん。
PPその日のうちにここにくる飛行機とホテルと予約しててさ。

週末にビーチに行ってそこでプロポーズされました。
夕陽を見ながら、PPが両膝ついてね。(普通片膝だろ!)

プロポーズ1年禁止って言ったじゃん!って言ったら
これは仮でまた本当のを一年後にやると。

その時にPPに言ったんだ。

何のために1年待つのか考えて。
私は長く付き合ってたから結婚するっていう考え方は嫌なの。
ちゃんと考えるための1年なの。

私はちゅうちゃんと付き合ってることを当たり前だと思わないようにしてきた。
ちゅうちゃんが他の女の子にプレゼントしたとか、何か問題があるたびに、
「私は本当にこれからもちゅうちゃんと付き合っていきたいのかな?」
って自分の中で確認してきた。それを5年続けてきて、
毎回ちゅうちゃんと一緒にいることを選んできたから今まだ付き合ってるの。
だから、私はちゅうちゃんとこれからも一緒にいたいって自信を持って言えるの。

でもちゅうちゃんはそういうことしてこなかったでしょ。
だからちゃんと確認してほしいの。

って。

私を説得するのは難しいです。
私を説得できたなら、親を説得するのくらい簡単です。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
難題山積み 3

別に全部ちゅうちゃんの希望を聞かなくてもいいとは思う。

でも、結婚したら一緒に住む、というところは譲れない。
あと、子どもも2人くらい欲しい。
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、と住む所にも賛成。

私とちゅうちゃん、どちらかがキャリアを諦めるとしたら、
それは間違いなく私でしょう。ここまで読めば分かると思うけど。

これを考えると、やっぱり研究職は無理だね。
というか、ビザの問題もあるし、私が働けるかどうかも怪しい。

でも働きたい!ここは譲りたくない!
研究出来なくてもいいから、働きたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

となってくると、次の問題は私の進学先。

研究しないなら博士取ってもしょうがない。時間のムダ。
overqualificationにもなりかねないし。

じゃーどうする?
でもせっかくここまで来たんだし、もう少しneuroの勉強したいなー。
興味があることを勉強できるって幸せじゃない?
修士まで取ろうか。

ここで考えなきゃいけないのは将来の仕事。
仕事に戻るとなると、勉強はブランク扱いだよね。特にneuroの勉強なんて。
となるともうさっさと仕事に戻るべき?仕事に役立つ勉強をすべき?

neuro関係で就職出来れば一番いいんだけど、そもそもneuroの求人少ないし、
relocationの事も考えると、更に難しい気がする。
もうちょっと調べてみるけどね。

どこまで譲れるか、ってとこまできてる。
現状にとらわれずにフレキシブルに考えなきゃ。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
難題山積み 2

そう問題は私。

私:
私はneuroscienceの研究がしたくて、Ph.Dを取るために大学に入り直して勉強してる。
今年大学院を受けて、Ph.Dが取れるのは6年後。研究室に残ったら、7年後。

サイエンスのPh.Dの場合、その後postdocをやらないとpermanent positionに就けない。
だいたい一回の任期が3年で、それを2回か3回。

やったところでpermanentにつけるとは限らない。就ける人のほうが少ない。
特に私は3年普通の会社で働いてるからね。
ずーっと研究だけやってた人でも就けないのにそこにブランクあると更に不利。

例えば、私の今の研究室のメンターの日本人の女の人。
彼女は日本の大学院を出て、学振でグラントをもらい、
ハーバードでpostdocをやって、今うちの大学でpostdoc2つ目。
ネイチャーでも論文を出してるのに、日本での就職は厳しいって言ってた。

彼女は本当によく働く。一日10時間くらいは研究室にいるし、土日もどっちかは必ず来てる。
大学生や大学院生の面倒も10人弱見てると思う。
それでも、postdocだと年収は5万ドル以下です。私の初任給以下。。。

いろいろ問題あるでしょーーー。
一つ一つ見ていこう。

1)大学院に入れるのか
これは、たぶん、たぶんだけど、選ばなければ入れる。

2)研究者になれるのか
大学院に入れれば、postdocまではなれる。でもそれ以上は・・・。
academiaに残るのは正直難しいと思う。企業ならいけるのかな。。。

3)そもそも本当に研究者になりたいのか
ここではっきりYESと言えないということは、たぶんなりたくないんだと思う。
研究自体は楽しいけど、私のメンターみたいな働き方はしたくない。
家族の時間も自分の時間も大切にしたい。
こんな甘ちゃんが残っていける世界ではないでしょう。

4)大学院卒業まで最低6年。その後は任期付きのpostdoc。
  いつ子ども産むの?
産もうと思えば大学院中でもpostdoc中でも産める。
ただ、キャリア的にはさらにマイナスになるんだろうな。

ここまでの時点ですでに研究者はやめた方がいい、という結論になる。
ここまでで、家族のことは考えたけど、ちゅうちゃんはまだ一切関係ないからね。

ここにちゅうちゃんが加わる。

5)ちゅうちゃんと暮らせるのはいつ?
あと10年くらいは無理。

大学出てすぐ、これは不可能に近いでしょう。
私が博士を取る大学院もしくは近くの大学院で、ちゅうちゃんが教授職を
見つけるというのはとーーーっても難しい。
ちゅうちゃんが教授職を見つけた近くで、私が大学院に行くというのも同じ。

ボストンみたいな学術都市ならまだ可能性はあるかもしれない。
でも西海岸だと厳しいだろうなー。

しかも大学院で終わらないからね。postdocにいったとしても、
企業で働くにしても、あまりにも専門的すぎて私は働く場所を選べないと思う。
仕事があるところに行く、というスタンスでも見つかるかどうか。。。

それを2年アメリカで、その後ヨーロッパ、その後アジアって。。。

続く。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
難題山積み1

プロポーズのことを長々と書いてしまったけど、
私が無駄にmade a big fuss over itで、本来はそうたいした事でもないのです。

それよりも、もっといろいろ考えなきゃいけないことがある。
結婚したらどうするの、ってこと。

まずは現状把握。

ちゅうちゃん編:

ちゅうちゃんはもともと教授になるつもりで大学院に行ったけど、
最近は「もっといい暮らしがしたいから、企業もいいなー」なんて言ってる。
だから、経済学博士に加えてFinancial Mathematicsの修士も取るって。
どうせ学費はタダだから取れるものは取っておこうということらしい。あと3年で卒業。

卒業したら、とりあえずは教授をやってみたいんだって。
希望は西海岸。で、2年くらいしたらアメリカを離れる。
将来的にはアジア(日本、香港、シンガポールなど)に住みたいけど、
その前にヨーロッパでも暮らしてみたいらしい。

ちゅうちゃんの大学は超有名ブランド大学だから、
教授職もどこかでは見つかると思う。
でもこれはポジションの空きがあってのことだから、
西海岸指定で見つかるかどうかは未知数。

経済学の教授の初任給は8万ドル〜12万ドルくらいらしい。

はい、ここまでは何の問題もありません。
問題は私。

次につづく。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
プロポーズ狂想曲
でもさー考えてみるとなんかしっくりこない。
 
結局流れでプロポーズになってるし、
私が言わせた感が否めないし、
スカイプでプロポーズってやっぱりありえないし。

ということで、次の日、あれは何だったんだという話し合いに。
 
私「あれはプロポーズだったの?」
ち「うーん、pre-プロポーズ」
私「そうだよね。私もあれはプロポーズって認めないことにした。だからまだ婚約者って呼ばないで」

私「あとさ、考えたんだけど。。。ちゅうちゃん、プロポーズ1年禁止ね」
ち「え!何で?」
私「この流れでまたプロポーズしても一緒だし、うちらどうせあと3年は結婚できないし。
  親には結婚を前提に付き合ってるってことで説明できると思うし」

プロポーズなんて本当はどうでもいいはずなんだけどさーーーー
私だって女の子だからちょっとはあこがれがあるんだよ。
それをこの勢いまかせで終わらせるのはちょっと嫌なの。将来までねちねち言いそうなの。
 
だから1年禁止。仕切り直し。
結婚の話はすすめていかなきゃいけないんだけど、
この時点でベストを探るとこうなるかな、と思って。

相変わらずバカップルですね。
| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
プロポーズされない予感

この前とはうってかわってこのタイトルですよ。人生って。。。(遠い目)

結婚しないってわけじゃないんだよ、でもプロポーズはされないかも。
適当に流されて流されて流されて気がついたら結婚式ってパターンかも、ってこと。

どこからこの予感が来ているかというとですね。。。
今、教授から、卒業後しばらく研究室に残らないか、と言われているのです。
その方が論文発表の機会も増えるし、もっとレベルの高い大学院も狙えるようになる、と。

私はもともと最高でも2年のつもりでここに来たけど、
もっとレベルの高い大学院も、、、と言われてちょっと迷った。お給料も出るというし。

そのことをちゅうちゃんに話したら、必然的に将来の話になり。
1年遅れるということは結婚&出産も1年遅れる。
そもそも私が研究者、ちゅうちゃんが教授で仕事が見つかるのか。
どちらかの任期が切れたらどうするのか。
研究者として家庭と仕事を両立できるのか。

難題山積み。

最終的に2人でエクセルシートをつくっていろんなパターンをシミュレーションして。

完全に結婚する前提で動いてるわけです。
しかしプロポーズはされてないわけで、、、
このままプロポーズなしもありえる?とちょっと心配。

だからあの時にプロポーズしておけばよかったものを・・・。ちゅうちゃんのバカ。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
稼ぐ女

昨日、ルームシェアしてる男3人と話してたんだ。
2人はアメリカ人。1人は中国系カナダ人。

「奥さんの収入が自分より高かったら嫌か」

って。

アメリカ人Aは「別に構わない」
アメリカ人Bは「高い方がいい。頭がキレて高収入の女と結婚できるってことは
       俺がすごいってことじゃないか 笑」
中国系カナダ人は「嫌だ。ヒモみたいだから」

ちょっと国柄が出てるなーと思ったんだよね。
久しぶりに留学して国際交流してるって気分になった。

「日本人は?」と振られたので
「私はどうでもいいけど、日本人の男の人は気にする人いるよ」と言ってみました。
あってるよね?

私はこの家で日本人代表みたいな発言をしてるけど、
実際はあんまり典型的な日本人じゃないからさ、たまにいいのかなーと不安になる。

ちゅうちゃんはどうなんだろう。
前に聞いたような気もするけど、また聞いてみよー。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |
いいな・・・。

さっき、PPが興奮気味に電話してきた。

「ニュースあるよ!!!」

「なになに??」

Aちゃんが婚約したよ!!」

Aちゃんとは、大学の後輩です。美人でお金持ちの日本人の女の子。
ここにも何度か登場してますね。→参照

夏に「8ヵ月以内に婚約したい」と言っていた彼女。
ばっちり予定通りに婚約したようです。

彼が来年からフランスのMBAプログラムに行くことになって、
それで彼女も一緒に来てほしい、ということらしい。
結婚式はフランスでやるかも、って。

聞いた時ね、思わず「いいなー・・・」って言ってたよ。

これが私の本音なの?そうなの?いやそんなことないはず!

だって彼女の医者になる夢はどうなるの?
小さい頃からの夢なのに諦められるの?

医者になる夢を諦めずに離婚してメディカルスクールに戻った
PPのルームメートの奥さんとは対照的だね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

彼女のfacebookにプロポーズされた時の写真がuploadされてた。

映画の帰りに、セントラルパークで彼がいきなりひざまずいたんだって。
キラキラ光る婚約指輪をはめて嬉しそうな彼女。

幸せって何なのかな。

夢も家庭も両方欲しがるのは欲張りかな。

| 結婚するとかしないとか | comments(0) |


INTRODUCTION
心配性な私と楽観的な彼の初めてのマタニティーライフ in アメリカ

★初めての方はこちらもどうぞ...



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ
にほんブログ村

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
FAVORITE LINKS
SPECIAL THANKS
Ranking
SEARCH
OTHERS
SPONSORS